葬儀があった年の喪中はがきの出し方

大人になって初めて身内の葬儀を経験した時大変さがわかりました。喪中はがきを出して一段落したような気がしました。

葬儀があった年の喪中はがきの出し方

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

葬儀があった年の喪中はがきの出し方

葬儀の大変さと喪中はがき

喪中はがきを依頼した印刷会社の方に切手はどうなるのか聞いてみました。料金別納でスタンプになるか切手ならどのような物なのか確認しました。母に確認するように言われたので専用の切手があることを知りました。まだ若かったのでそんな切手があることすら知りませんでした。はがき用と封筒用があります。普通の切手でも送ることは出来ますが、気にする人もいるのだそうです。色々なしきたりがあることを若いうちに知っておいてよかったと思います。自宅で印刷する人は官製はがきをつかってそのまま送る人もいるそうです。お祝いの用の切手もあり、窓口で用途を伝えればすぐに出してくれます。

慶弔用の切手があることを知って、それを使えば作法としては一人前だと思います。知人の話だとコンビニでも置いてある店はあるとのこと。うちの近所のコンビニには普通切手しかありませんでした。弔事用の50円切手は葦に流水がデザインされていて地味です。自宅で以前に見たことがありましたが、意味があるとは気づきませんでした。大人になってから、身近な家族の葬儀で始めて裏側もわかりましたが本当に遺族は精神的にも肉体的にもつらい状態です。喪中はがきを出してやっと対外的な仕事は一段落ついたような気がしました。日本ならでは風習ですが、きちんとしないと故人が笑われてしまうような気がして若いながらも目上の人に聞きながら一生懸命やったつもりです。とても勉強にはなりました。

注目の葬儀の参考になるネタは深く知るならココがイチオシです☆