葬儀があった年の喪中はがきの出し方

葬儀の後は暫く落ち着かないものです。時間に余裕があれば早めに喪中はがきを手配すると割引がある会社もあります。

葬儀があった年の喪中はがきの出し方

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

葬儀があった年の喪中はがきの出し方

葬儀後忙しい人にも便利な喪中はがきの印刷

葬儀があるとその後は暫く落ち着かず忙しくなります。喪中はがきを出すのに時間的な余裕がある人は早めに手配すると印刷代金が安いことがあります。印刷会社などでも多くのサービスを提供していますし、近所の印刷屋さんに頼んでも割引されるケースがあります。デザインや文面も選ぶことが出来、綺麗な色合いのものも最近は多く見かけます。故人の人柄を連想させるようなはがきを選ぶ方もいるようです。宛名も印刷してくれますし。そのまま投函してもらうことも可能です。会員登録が必要だったりリストを渡したりすることもありますが。綺麗に作ってくれると思います。私がお願いした会社でも、あっという間に投函までが済んでいました。まとまった量があるときは頼んだほうが良いと思います。

出す相手がそんなに沢山いない人は自宅でプリントして送る人もいます。テンプレートも豊富なので作るのは全然難しくないです。ただ自分で文面も考えたような喪中はがきに自分や家族の近況報告を書いたりしてあって驚いたこともあります。近況報告はまた別の機会にした方が良いです。喪中はがきには普通書きません。一人で作る場合はそのあたりの常識も誰かに確認するか調べた方が良いと思いました。あるサイトで喪中はがきのデザインを見ていたらイラスト入りのものがかなりありました。喪中とは思えないようなデザインもあります。人それぞれ感じ方は違うのですが、私はシンプルが言いと思いました。絵葉書のような喪中はがきに違和感を覚える方もいると思うのでご年配の方などに出すときは配慮することをお勧めします。

注目の葬儀の参考になるネタは深く知るならココがイチオシです☆