葬儀があった年の喪中はがきの出し方

親族の葬儀に参列して喪中はがきを考えると思いますが、喪中になる親族の範囲もある程度決まっているようです。

葬儀があった年の喪中はがきの出し方

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

葬儀があった年の喪中はがきの出し方

葬儀があった年の喪中はがき

親族の葬儀があった年には年賀状を出さないのが普通だと思いますが、時々年賀状を送っている人もいます。親族の範囲とはどこからどこまでなのかもはっきり知らない人がいます。両親であれば約1年間は喪中です。これが服喪期間になります。家族であればやはり1年、祖父母や兄妹であれば3ヶ月くらい、それ以外の親族は喪中としないと書かれている説明も読んだことがあります。私の住んでいる地域ではやはり一年間は喪中としていると思います。親以外の家族は全て1年くらいで考えていると思います。一緒に住んでいる人、住んでいない人で区別をする考え方もありますがそれは家族で相談して決めて良いと思います。付き合いの度合いや親密度によっても気持ちは違います。

喪中は年賀状を出すことを控え、お正月も静かに過ごします。葬儀があった年に新年をお祝いすることはしません。喪中はがきは皆が年賀状の準備をしてしまう前に送らなくてはいけないので。11月くらいから準備をした方が良いです。遅くても12月の初旬には届いていないと投函してしまっている人もいます。華美にならないようにシンプルに作りますが、最近は挿絵が入っているものももらったりします。家族の葬儀があったときに母に喪中はがきを出すように言われたので準備したのですが、色々な決まりごとがあることがわかりました。それははがきに使う文には句読点を使わないということです。葬式で配られる会葬のお礼状にも句読点がないそうです。いわれるまで気づきませんでした。

注目の葬儀の参考になるネタは深く知るならココがイチオシです☆