葬儀があった年の喪中はがきの出し方

故人が亡くなったことを相手に伝える時に、葬儀のあとに最初に出来る遺族の心配りが喪中はがきだと考えます。

葬儀があった年の喪中はがきの出し方

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

葬儀があった年の喪中はがきの出し方

葬儀のあとの喪中はがき

身内や大切な人がなくなったときにその年は年賀状出さず喪中はがきを出すことになるかと思いますが、実際のところ身内がなくなったときに葬儀の手続きやその他いろいろな法事などの手続きに忙しく故人を偲んでいる時間などほとんどありません。その中で喪中はがきを出さないといいけないのですが、どうしてもその時間を割いている暇がなく結局は業者に喪中はがきをお願いすることが多いと思います。77

特に故人が生前親交の深い人が多かった場合は喪中はがきをださなければならない人が多いわけで、そうなると尚更業者に頼んで喪中はがきを作成してもらうことになりますが、できることならその喪中はがきを自ら作成することが望ましいと考えます。個人が生前どのような人とお付き合いをしていたのか、その方とはどういう関係にあったのか、などいろいろ知ることができるからです。中には長年会っていなかったり疎遠になってしまっている人も多いかもしれません。葬儀に参加されていない方なら尚更です。

最中はがきは故人が亡くなったことを報告するという意味もありますが、相手方にとっては故人がなくなった事は青天の霹靂であり心の中の整理がつかなくなるものです。その時に遺族が喪中はがきにちょっとしたコメントを書き加えることだけでも相手方にとっては嬉しくもあり、故人がなくなったことに対する現実を受け止めようとするはずです。1番最初に故人と親交が深かった人に対する心配りができるのは喪中ハガキでは無いかと考えます。