葬儀があった年の喪中はがきの出し方

葬儀を行った年は喪中はがきを忘れずに作成して送りましょう。時期や枚数などについてご説明します。

葬儀があった年の喪中はがきの出し方

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

葬儀があった年の喪中はがきの出し方

葬儀を行った年は喪中はがきを忘れずに

葬儀を行った年は喪中はがきを忘れずに作成して送りましょう。時期や枚数などについてご説明します。作成する時期が一番重要です。相手の方が年賀状を準備する前にお知らせすべきなので、遅くとも12月に入る前の11月中には作成して送付が完了するようにしましょう。葬儀に来てくださった方は考慮してくださると思いますが、年賀状だけのやり取りの方は事情をご存知ないことが多いものです。必ず時期に間に合うように作成しましょう。また葬儀に来てくださった方も、1月や2月に葬儀を行った場合は考慮がもれてしまうのは仕方がないことです。早めの送付を心がけましょう。

喪中はがきとは、身近な人が亡くなったため新年の慶びの挨拶を遠慮させていただく、というものです。家族が亡くなった場合は必ず作成しましょう。送付先については、葬儀に来てくださった方、および日ごろから年賀状のやり取りをしている方になります。枚数はかなり多く大量になることもあるでしょう。家族や親族が亡くなった悲しみも癒えぬままかもしれないので、そういう場合は一括で作成してもらえるサービスなども最近はあるので利用するのも良いでしょう。自分で作成する場合は、住所や内容など間違いがないように気をつけて作成しましょう。一括でサービス会社へ作成する場合はその点を依頼できるので便利ですね。時間の短縮だけでなく、間違えた場合に再印刷しなければいけないことを考えると、費用もかえって安くつくかもしれませんね。

注目の葬儀の参考になるネタは深く知るならココがイチオシです☆